「ビールの縁側」ばなし
阿波岐原クラフトブルワリー(宮崎県)
のはなし

乾杯から焼酎なんてことも珍しくない土地で、農家とともに宮崎の豊かな恵みを醸す

阿波岐原クラフトブルワリー(宮崎県)
河野 浩二
宮崎県児湯郡高鍋町

このブルワリーページをシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
太平洋に面した宮崎県のほぼ中央に位置する高鍋町は、宮崎県で最も面積の小さな自治体で江戸時代には高鍋藩の城下町として栄えたまちです。南北に10キロ以上も続くゆるやかで美しい海岸線には西日本有数のサーフスポットがいくつもあり、シーズンになると多くのサーファーが集まる人気スポットとして知られています。2019年6月に高鍋町の複合施設「blue moon」の一角にオープンしたビアバー「OMG!TAPROOM」と「阿波岐原(あわきはら)クラフトブルワリー」は、地元の豊かな農作物を使ったビール造りで高鍋町の発展を願うブルワリーです。オーナーの河野浩二さんにお話を聞きました。

肥料まきや草刈り、収穫や剪定も。畑にいる時間が長いんですよ(笑)

初めて醸造したビールでフラッグシップ商品の「Virgin Voyage」には、高鍋町の隣町、宮崎県木城町で採れたゆずを使っています。「Route58」は高鍋町産のゴーヤ、「Knee Deep」には川南町産の生姜、「Cinnamon Girl」は都農町産の安納芋、そして「Fantastic Voyage」には、へべすという日向市産の柑橘類、「Summer Breeze」には日向夏、「Tea For Two」は五ヶ瀬町産の茶葉、「Midas Touch」にはライチ。どのビールにも宮崎県内でとれる野菜や果物を使っています。

2019年4月に製造免許がおりてから、30種類以上は手掛けたでしょうか。

全国トップクラスを誇る日照時間と温暖な気候に恵まれた宮崎県は太陽と緑の国。種類豊富な農作物の宝庫なので、ビールに使う予定の素材がまだまだ控えています。

季節によってラインナップは違いますが、一貫したコンセプトは「Farm to Table」。

畑から食卓へ、地産地消です。地元でとれた季節の野菜や果物をビールに使い、個性豊かなビールを通じて農業を応援することで、地元の活性化につなげたい。そんな思いで私が立ち上げたのが「阿波岐原クラフトブルワリー」です。農業と一体のビールだから、栽培農家さんとのコミュニケーションは欠かせません。肥料まきや草刈り、収穫や剪定の手伝いなど、畑にいる時間が長いんですよ(笑)

17本のタップを備えた「OMG!TAPROOM」では、ハンバーガーやガーリックシュリンプなど、地元食材を使った料理をビールと一緒に味わうことができます。2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のための休業を余儀なくされましたが、マリンスポーツのついでに寄ってくださるお客様でお店はにぎわっていました。太平洋の海岸線に面した高鍋町は、良い波に恵まれたサーフィンの人気スポットなんです。

 2020年から宮崎の地物を扱うブルワリーとして、全国チェーンのスーパーで扱っていただけるようになったり、プロサッカーリーグJ3のチーム「テゲバジャーロ宮崎」とスポンサー契約を結んで、ホーム戦で勝った日には樽生ビールを半額で飲めるキャンペーンを企画したり、地元企業や農家さんと連携してさまざまな切り口でビールの魅力を発信しています。最近では1カ月に2~3件ほど委託醸造で仕込むことも。農家さんや飲食店同士のつながりで、県外からも「この食材をビールに使えないか?」というご相談が増えてきました。醸造規模が小さいので、小ロット製造の相談がしやすいようです。

日本酒や焼酎のように、クラフトビールも「地酒」として宮崎県、この高鍋町に根づかせたい。食事に合わせてビールを選ぶ楽しみを知ってもらいたいと活動してきて、ようやく少しずつですが、まいた種が芽吹き始めた実感を得ています。初めてビールをお披露目したときの反応といったら散々でしたから(笑)。

 ご存知の通り、宮崎県は焼酎王国です。

普段飲むお酒といえば焼酎一択。「とりあえずビール」どころか、乾杯から焼酎なんてことも珍しくありません。ですから、慣れない苦みや香りに対する抵抗感も大きいんでしょうね。当初は「にがい」とボロクソに言われたことも……(苦笑)。覚悟していたとはいえ、馴染んでもらえるまでの道のりの長さを思うと気が遠くなりました。

 でも裏返せば、それはビジネスとしてチャンスがあるということ。

未開拓で競争相手がいないということですから、自分で文化を作り、育てていくことができるわけです。どうすればお客様の心をつかめるのか、どうすればこのフィールドで勝負していけるのか、それを考えたときに選んだ事業がビールだったんです。

ほふく前進でもしっかりと大地を踏みしめて、地酒としてのビール文化を育てたい

私が家業のガソリンスタンドを継ぐために、福岡から高鍋町に戻ってきたのが2005年。三代目として経営を任されましたが、高鍋町や周辺地域では1990年代から少子高齢化が進み、人口減少が続く状況でした。住民が少なくなれば、私の商売は成り立ちません。エコカーや低燃費自動車の普及によって年々ガソリン需要が減っているところに、免許返納で車を持つ人も減り続け、このままでは生き残れないことは明らか。学校や病院の統廃合が進み、目に見えて町から活気が失われていきました。仕事がなければ若い世代は町を出るしかない。そうやって人口流出が続けば、町として維持できなくなります。

 ふるさとの存続に危機感を抱いた私は、高鍋町の活性化につながるもの、若い人が高鍋町に住みたくなるような新しい資源を探していました。同じように少子高齢化が進む全国の自治体を回り、参考になりそうな取り組みを調べていたところ見つけたのがクラフトビールでした。都市部のビアバーやブリューパブは活気にあふれ、その土地の農産物を使ったローカルブルワリーも雇用の創出や地域産業の発展に役立っていることがわかったんです。農業が盛んな高鍋町なら、地元農家と連携したビール造りができるにちがいない。

高鍋町の課題解決に希望を見出した私は、町おこしとしてクラフトビール事業を手掛ける方に連絡をとり、島根県の「石見麦酒」を紹介してもらいました。石見麦酒は地元の農作物を活用したビールを小規模製造しているマイクロブルワリーです。私は2018年に5回ほど石見麦酒に通いながら醸造と経営を学び、立ち上げ準備を始めました。こうして2019年春に醸造免許がおり、初仕込みに丸一日かかったのが「Virgin Voyage」です。記念日やお祝い事の席で飲んでもらいたいという思いから、別名「祝目出度(いわいめでた)」と名付けています。とりわけ思い入れの強いビールですね。

ビールは人に感動を与えられるモノづくりだと思います。

自分の手で造ったビールをお客様がおいしそうに飲んで、目の前で笑顔になる様子を見ると励みになりますし、農作物を育てた農家さんに「できましたよ」と、サンプルのビールを持って行くと、初めはその香りや苦味に驚かれながらもすごく喜んでいただけるんです。ふるさと納税の返礼品として選ばれるとPRにもなりますし、相手の反応を近くで見られるのもうれしいですね。

 焼酎と比べたらビールの地位はまだまだですが、大事なのはあきらめずに活動を続けること。ほふく前進のような歩みでも、しっかりと大地を踏みしめて、農家さんと宮崎の恵みを活かしたビール造りでビール文化を育てていきたいと思います。

取材・文/山口 紗佳

宮崎の自然の恵みと農家さんの愛情が込められたビールです。キャンプやBBQ、お花見、海水浴やマリンスポーツなど、高鍋町にはアウトドアレジャーを楽しめる場所がたくさんあります。飲ん樽を現地引き取りにして、ぜひ高鍋町の自然を感じながらビールを味わってみてください。

特定商取引法に基づく表記

企業名 寿石油有限会社
所在地 宮崎県児湯郡高鍋町大字持田1741番地1 blue moon
運営統括責任者 黒木慎一郎
電話番号 0983-32-1533
メールアドレス awakiharacraftbrewery@gmail.com
返品・不良品のポリシーについて 本サイトで取り扱う商品は全て食品となるため、商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換は一切承っておりません。ただし、お届けした商品に瑕疵があった場合や、注文品と違う製品が届いた場合はその限りではありませんので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。商品がお手元に届きましたら、速やかに内容のご確認をお願いいたします。*ビール・発泡酒の成分が沈殿する事がありますが、品質には問題ございません。
返品期限について 商品の性質上、お客様の都合による返品はお受けいたしかねますのでご了承ください。
注文のキャンセルについて 注文確定後のキャンセルは原則承っておりません。
【酒類販売管理者標識】 販売場の所在地:宮崎県児湯郡高鍋町大字持田1741番地1
販売管理者の氏名:河野浩二
酒類販売管理研修受講年月日:平成30年10月17日
次回研修の受講期限:令和3年10月16日
研修実施団体名:宮崎県小売酒販組合連合会

プライバシーポリシー

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用いたしません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し第三者に譲渡・提供することはございません。

ブルワリー一覧へ

ご利用案内

  • 樽・ポンプについて
  • お手元に届くまで
  • お支払い方法
  • 送料・配送
  • ポイントについて
  • よくあるご質問