「ビールの縁側」ばなし
Beer Brain Brewery(千葉県)
のはなし

それぞれ研鑽を積んだ二人の個性がバランスして、Beer Brainのビールを調和してくれるんです。

Beer Brain Brewery(千葉県)
北原 洋生、七五三 裕之
東京都渋谷区

このブルワリーページをシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
秋葉原駅からつくばエクスプレスで約30分。柏の葉キャンパス駅の近くにある「Beer Brain Brewery」は、東京都港区で営業するトレーラーハウス型のビアバー「BEER BRAIN」から誕生したブルーパブです。ビール好きの建築家やデザイナー、大学教授、アーティストから成る「Tokyo Beer Boyz」によって、「昼間からビールが飲める隠れ家」をイメージした移動式ビアバーBEER BRAINが生まれ、2020年4月に千葉県柏市で自社醸造がスタートしました。ブルワーを務める北原洋生さんと七五三裕之さんにお話を聞きました。

さまざまな立場からビールに向き合った10年間。 根底にはアメリカのビアカルチャーがありました。

北原:僕から見た七五三君は仕事が細やか。日本人らしい思慮深さがあって、細かいところによく気がつくんですよね。僕は感覚で動くところがあるので、粗い部分のサポートに助けられています。

七五三:革新的な発想ができる北原さんと比べると僕は保守的なので、役割としてはブレーキなのかなと(笑)。例えば新しいIPAを仕込む際、北原さんがホップを大量に使ったとして、僕はどうしてもリスクを考えて尻込みしてしまう。大胆なチャレンジができるところやセンスの良さ、ビールに対する鋭い感性は僕にはないものなんですよね。

北原:新潟の飲食店でシェフをしていた僕がビールに携わるようになったのが、2010年にアイリッシュパブの店長に就任したこと。国内外のクラフトビールを扱うようになって、その奥深さにのめり込んでいきました。次第にもっと本格的にビールに携わりたいと思い始めて、3年勤めたパブを退職して新潟から横浜へ。お取引のあったアメリカのクラフトビールの輸入を行う「ナガノトレーディング」が、横浜の関内で自社のビアバー「Antenna America」をオープンするタイミングで、短期間アルバイトすることになったんです。Antenna America で3か月間、アメリカンクラフトビールにどっぷり浸った後はカリフォルニア州に渡米しました。目的はもちろんビール。世界中で大流行したアメリカ西海岸のブルワリー発祥の「ウエストコーストIPA」に惚れ込んで、自分の目で見て回りたいと思ったんです。

 

現地在住のALTの先生にナビゲートしてもらって、カリフォルニア州を縦断すること2カ月間。彼のツテで知人の家やモーテルに泊まったり、あるときはキャンプしたり、ビールのイベントに参加したり、現地のビールカルチャーを心と体にしっかり刻んで帰国。再び地元の新潟に戻り、2013年9月から「スワンレイクビール」を醸造する「瓢湖屋敷の杜ブルワリー」で醸造担当として働き始めることになりました。渡米前に「働かないか?」とお誘いいただいて、これ上ないご縁に恵まれた流れです。

日本のクラフトビール黎明期に創業したスワンレイクでは、高い品質を維持しながら定番を造り続ける大切さを学びました。クラシカルなスタイルを20年以上も仕込んでいますからね。技術的なことはもちろん、ビールに向き合う姿勢や基本的な考え方が身についたと思います。スワンレイクで4年間、醸造担当をしながらやがて独立も考えるようになった僕は2017年に退職して再び新潟から横浜へ。クラフトビールとグリル料理を扱う「CHARCOAL GRILL GREEN」で、ビール関係のマネージャーとして働くことになりました。

 

立ち位置としては、ブルワーからビールを提供する側に戻ることになりましたが、完全に醸造から離れたかというとそうでもなくて。近所に「横浜ビール」や「横浜ベイブルーイング」があって、ブルワー同士の交流も活発だったので、仕込みを手伝うなど醸造に携わる機会は多かったんです。ビアバーやブルーパブが多い横浜ではビールの話題に事欠かないので、常にトレンドに触れることができました。その頃でしたね。『TRANSPORTER BEER MAGAZINE』の編集長、田嶋伸浩さんを通じてBeer Brain Breweryの話をいただいたのは。

話を聞けば、Beer Brain Breweryは新しいスタイルやトレンドも取り入れながら、基本的には自由に造ることができること、企画した「TOKYO BEER BOYZ」のメンバーでオーナー福間の人間性にも惹かれて、ブルワーとしての再スタートを決めました。加えて言えば、店づくりのセンスが良いことも(笑)。トレーラーハウスの「Beer Brain」もそうですが、とにかくデザインがおしゃれなんですよね。

 

思い入れのある地で自己裁量のあるビール造り。 これはキャリアアップになる!と食いついたんです(笑)

七五三:北原さんにBeer Brain Breweryの話を聞いて、自分から飛びつきました(笑)。

ブルワーとしても魅力的でしたし、僕は柏市にある千葉大学に通っていたので、柏の葉キャンパス駅周辺は馴染みのある場所だったんです。学生時代にクラフトビールに目覚めた僕にとって、思い入れのある土地です。

大学で農業経済学を専攻していた僕は、クラフトビールのマーケティングをテーマにした卒論を取りまとめました。取材を兼ねてブルワリーやビアバーを巡ったり、ボランティアスタッフとしてビアフェスの運営を手伝ったり、ブルワリーで開催されていたビール造り体験に参加してみたり。すっかりビールがライフスタイルの軸になっていました。ただ、卒論に取り組んだのが就職活動を終えた後だったので、卒業後は地元の福岡県北九州市に戻って、ビールとは関係ない企業に就職したんです。ところがやはりビール関係の仕事に就きたいという思いが強くなって、ビールメーカーへの転職を検討していました。

そこで求人があったのが、広島県呉市にある「呉ビール」。

「海軍さんの麦酒」で知られる老舗ブルワリーで、ピルスナーやヴァイツェン、アルトなど伝統的なドイツ式のビアスタイルを得意としています。呉ビールの完成度の高いピルスナーが好きだった僕はすぐに応募して、2015年2月に入社。ブルワーとして一から醸造を学び、約4年間ブルワーとして経験を積みました。

北原さんとは、お互い勤めていたブルワリーが出店していた横浜のJAPAN BREWERS CUP(※1)を通じて知り合って、飲みに行くなど交流があったんです。そこでBeer Brain Breweryの立ち上げに加わる話を聞いて、「僕も働きたい!」と食いつきました(笑)。土地馴染みがあったことも理由ですが、これはブルワーとしてキャリアアップになると思って。ただ、当初の事業計画から遅れていたので、呉ビール退職後は北九州のビアバーに1年間勤めていました。そして立ち上げに合わせて2019年秋に千葉へ。Beer Brain Brewery は2020年3月末に免許を取得して、4月1日に初仕込みを迎えました。

 

北原:Beer Brain Breweryのビールは、きれいですっきりとした味わいのウエストコーストスタイルのIPAをメインとしながら、さまざまな副原料を取り入れた季節限定も予定しています。同じブルワーでも素地や積んできた経験が違いますから、それがうまい具合に噛み合ってビールが成り立っています。お互いの長所を活かして、短所を補い合うことで、ビールとしてのバランスがとれているんでしょうね。

今後の構想にあるのは、千葉大学と協力しながら取り組む循環型農業。

具体的には、大学の研究圃場で栽培する農作物に、醸造過程で出た麦芽粕を有機肥料として使い、麦芽粕肥料で栽培した野菜や果物を再びビールの材料として使うんです。仕込みのたびに大量に出る麦芽粕を無駄にせず、再活用してビールに還元します。このビールを通じた食品サイクルの継続を目指したいと思っています。

(※1)毎年横浜で開催されるビールの審査会とビアフェスティバルが2本立てになったイベント。審査会はブルワーのみが審査員として参加し、ディスカッションなしのブラインドティスティングによるランキング形式でビールを審査する。

 

 

取材・文/山口 紗佳

ホップのみずみずしさを感じられるIPAがイチ押しです。主にオレゴン州のホップファーマーから輸入した質の良いホップを使って、香りと苦味のキャラクターを引き出す製法で造っているので、ホップの魅力を樽生ビールで感じてください。

特定商取引法に基づく表記

企業名 株式会社 ファニーボーン
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-6 バルビゾン3 402号室
運営統括責任者 福間 仁
電話番号 070-3340-0852
メールアドレス order@funnybone.co.jp
返品・不良品のポリシーについて 本サイトで取り扱う商品は全て食品となるため、商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換は一切承っておりません。ただし、お届けした商品に瑕疵があった場合や、注文品と違う製品が届いた場合はその限りではありませんので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。商品がお手元に届きましたら、速やかに内容のご確認をお願いいたします。*ビール・発泡酒の成分が沈殿する事がありますが、品質には問題ございません。
返品期限について 商品の性質上、お客様の都合による返品はお受けいたしかねますのでご了承ください。
注文のキャンセルについて 注文確定後のキャンセルは原則承っておりません。
【酒類販売管理者標識】 販売場の所在地:千葉県柏市若柴226-42 中央144街区2B棟
販売管理者の氏名:髙木 美南
酒類販売管理研修受講年月日:2020/10/28
次回研修の受講期限:2023/10/27
研修実施団体名:全国小売酒販組合中央会

プライバシーポリシー

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用いたしません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し第三者に譲渡・提供することはございません。

 

 

ブルワリー一覧へ

ご利用案内

  • 樽・ポンプについて
  • お手元に届くまで
  • お支払い方法
  • 送料・配送
  • ポイントについて
  • よくあるご質問