「ビールの縁側」ばなし
Fukuoka Craft Brewery(福岡県)
のはなし

プロダクトに対して評価が返ってくる。
扱うものがビールになって、僕は息を吹き返したんだ。

Fukuoka Craft Brewery(福岡県)
David Victor
福岡県福岡市

このブルワリーページをシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
福岡県福岡市中央区。
九州地方最大の都市である福岡市の中心部にある中央区は、九州を代表する繁華街の天神をはじめ、大名、今泉、長浜など福岡市の中心市街として発展しています。天神の西隣、アパレルショップや人気の飲食店が軒を連ねる大名エリアで、2018年6月に醸造を始めたのがブリューパブ「FUKUOKA CRAFT by エルボラーチョ」。福岡と東京で展開するメキシコ料理レストラン「エルボラーチョ」の新事業である都市型ブルワリーです。「Fukuoka Craft Brewery」のブルワーを務めるDavid Victorさんにお話を聞きました。

メキシコ料理×アメリカンクラフトビール。 2人の情熱をかけたメイドイン福岡のビールを

ときどきブルワリールームからタップルームの様子を見るんだけど、おいしそうに何杯も飲む人もいれば、グラスにビールを残したまま帰る人もいる。残されたビールを見ると「おいしくなかったのかな」って思いますよね。コミュニケーションがなくても、状況を見るだけでもビールに対する反応がだいたいわかる。もちろん、飲んだ人から直接ビールの感想をもらうことも多いです。 肯定的な意見でも否定的な意見でも、自分のプロダクトに対して反応があるのは幸せなことだと思います。フィードバックがあるとモチベーションにつながりますしね。翻訳の仕事をしていたときは、数か月かけた成果物を納品しても、クライアントから無反応ということが少なくなかったですから。僕としては、「あの表現で正しかったのか?」「イメージのズレはなかっただろうか」って、気になることもあるので反応がないのは悲しい。扱うものが「言語」から「ビール」に変わって、想いを込めたビールをお客さんに楽しんでもらえて、僕は息を吹き返したような気がしたんです。  

2002年の来日からおよそ20年。

大学の交換留学生として訪れた日本、九州が気に入ったことから、はじめは英語教師として日本で働くようになりました。それから大分にある大学事務職などを経て、翻訳の仕事につくようになって8年。クラフトビールが浸透していなかった時代から、日本の大手メーカーのビールはレベルが高いと感じていました。

2011年頃から日本のクラフトビールを飲むようになって、北九州の「門司港ビール」や広島の「呉ビール」、鳥取の「大山Gビール」は特においしかったのを覚えています。オクトーバーフェストや九州ビアフェスティバルなど、イベントがあれば積極的に参加して、クラフトビールの魅力にどんどん惹かれていきました。やがて飲み手からボランティアスタッフとしてビールやブルワーと接するうちに、「福岡で自分のブルワリーを開きたい」と思うようになったんです。ビールは大好きですし、ずっとデスクワークを続けてきたので、手や体を動かす「モノづくり」の仕事に憧れがありました。ところが、醸造経験も販売経験もない僕がビールの製造免許を取得するのは想像以上にハードルが高かった。そこで醸造経験を積むために、他のブルワリーで研修を受けることにしたんです。

 

アプローチしたのが東京の「DevilCraft Brewery(デビルクラフトブルワリー)」。3人のオーナーが同じアメリカ人ということもあって、彼らのスタンスはとてもフランクでオープン。ブルワリー起業の相談をすると、快く受け入れてもらえました。本やネットで調べた知識はあっても経験に勝るものはありません。実際に体験してみたビール造りはとても興味深くて、彼らのビール造りに対する姿勢にも感銘を受けて、情熱はますます強いものになりました。

それでも道のりは険しいもので、資金調達面からもブルワリー起業は難航。

そんなとき、ブルワーを探していたオーナーの杉山芳文と出会ったんです。彼は「日本人に本物のメキシコ料理を食べさせたい」という熱意で現地のメキシコ料理店で修行を積み、日本でメキシコ料理店オープンしてからも毎年メキシコを訪問して本場のトレンドを取り入れています。常に「本格」を求めるオーナーで、お酒に関しても「本物」を提供したいという思いから、スパイシーで味の濃いメキシコ料理とバランスがとれるビールに興味をもったようで。現地のクラフトビール事情にも詳しいし、とにかくパッションがすごかった。

自社でブルーパブを立ち上げて、メキシコ料理と相性の良いビールを造るという構想を熱っぽく語るのを聞いて、僕たちはすっかり意気投合。「FUKUOKA CRAFT」なら、僕が造りたいアメリカンスタイルのビールが造れますし、アメリカの流れを汲んだメキシコ料理との相性も間違いないはず。お互いの情熱をかけてメイドイン福岡のビールを造ろうと、二人の気持ちがぴったり合わさって、面接を受けたその日に採用が決まりました(笑)。

 

最初に仕込んだビールは廃棄。 納得したものだけを提供したいから

2017年のブルワリーの立ち上げから協力することになりましたが、飲食店が醸造をはじめるのは福岡では初めてだったので、2018年3月 に製造免許がおりて醸造、販売を始めるまでに1年。その間に僕は山梨県の「Outsider Brewing(アウトサイダー ブルーイング)」で研修を受け、アメリカの醸造設備メーカー「Portland Kettle Works(ポートランド ケトル ワークス)」の醸造アカデミーにも参加。実際に使う設備メーカーからノウハウを教えてもらえるのはとても参考になりましたね。

とはいえ、600Lの商業タンクを動かすのは初めての経験です。どうやら設備機器の配管がまずかったようで、最初に仕込んだものは大失敗だったんです。残念ながらおいしくなかった……。納得したものじゃないと提供できないので、泣く泣くそのビールは廃棄して、改めて設備を調整して各部をブラッシュアップして、2回目の仕込みでようやくお客様に提供できるビールに仕上がりました。

 

定番として造っているのは2種類。

シトラとモザイクの柑橘系のホップの香りがしっかりと感じられる「ペールエール」と、パッションフルーツを思わせる香りが特徴のホップ、ギャラクシーを中心にトロピカルな香りをきかせたジューシーな「ヘイジーIPA」です。樽生のビールが飲めるのはここ(併設パブ)と主に九州のビアバーが中心ですが、皆さんが手に取りやすいように缶でも販売しています。 

発酵タンクが2つなので製造量に限りがありますが、コロナ禍で仕込みが減ってしまった今だからこそできる新しいことに挑戦したいですね。今後は福岡クラフト初の「ダブルヘイジーIPA」を仕込む予定です。

 福岡のまちがもっとおもしろくなるように、僕たちの情熱をかけたFUKUOKA CRAFTが、クラフトビール文化の広がりのきっかけになれたらいいですね。

 

一人で仕込むので少量生産ですが、ハンドメイドならではのこだわりと情熱を込めてビールを造っています。
福岡から日本全国の皆さんに、アメリカンビールのおいしさと僕の想いが届きますように!

特定商取引法に基づく表記

企業名 株式会社 EFM
所在地 福岡県福岡市中央区大手門3丁目12番32号1F
運営統括責任者 杉山芳文
電話番号 092-791-1494
メールアドレス beerorder@elborracho.com
返品・不良品のポリシーについて 本サイトで取り扱う商品は全て食品となるため、商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換は一切承っておりません。ただし、お届けした商品に瑕疵があった場合や、注文品と違う製品が届いた場合はその限りではありませんので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。商品がお手元に届きましたら、速やかに内容のご確認をお願いいたします。*ビール・発泡酒の成分が沈殿する事がありますが、品質には問題ございません。
返品期限について 商品の性質上、お客様の都合による返品はお受けいたしかねますのでご了承ください。
注文のキャンセルについて 注文確定後のキャンセルは原則承っておりません。
【酒類販売管理者標識】 販売場の所在地:福岡県福岡市中央区大名1-11-4-1F
販売管理者の氏名:秋村勉
酒類販売管理研修受講年月日:平成31年4月1日
次回研修の受講期限:令和4年3月31日
研修実施団体名:一般社団法人全国スーパーマーケット協会

プライバシーポリシー

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用いたしません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し第三者に譲渡・提供することはございません。

ブルワリー一覧へ

ご利用案内

  • 樽・ポンプについて
  • お手元に届くまで
  • お支払い方法
  • 送料・配送
  • ポイントについて
  • よくあるご質問